レシピ: 2009年7月アーカイブ

 

こんにちは、旬太です。

梅雨があけなくて・・・ぼくは、久しく青空を見ていないような気がします(>_<) 
早く青空の下で、遊びたい!!
あ〜・・・早く梅雨あけてくれないかなぁ〜
野菜やお米も、早くたくさん太陽の日差しをあびたいよね。
  

ところで、
「カレーアクションみやぎ2009」で紹介されたメニューを
2つ紹介したけど、作ってみましたか?!

今回は、魚貝を使ったカレーのレシピ
『宮城県産夏いかとホタテのカレー』だよ。

もちろん、野菜もたっぷり使っているよ。
 

 イカ・ホタテ.jpg
 
【 材料 5皿分 】

夏いか  1ぱい,ほたて  5個,
パプリカ赤  1/2個,パプリカ黄   1/2個,たまねぎ  中1・1/2個
ブラックペパパウダー  少々,白ワイン  大さじ2,サラダ油   大さじ2,
水  600ml,カレールウ 220g1/2箱 

  ※キックオフパーティーでは「ジャワカレー」を使ったよ。
    野菜の水分が多いことと煮込む時間が短いので、水の量を表示より100ml控えて
    いるんだって。使用するカレールウに合せて調節してね!  
 

 【 作り方 】

①いかは内臓を取り、足と胴を食べやすい大きさに切るよ。
 ホタテは黒い部分を取り除き、縦反便に切ってね。
 いかとホタテにブラックペパーを振っておくよ。

②フライパンにサラダ油大さじ1を熱し、①のいかとホタテをさっと炒め、
 白ワインをふりかけて蒸し焼きにするよ。

③たまねぎは薄切り、パプリカ赤・黄は11㎝角幅の細切りにするよ。

④厚手の鍋にサラダ油大さじ1を熱し、たまねぎをよく炒めてね。
 水を加え、弱火〜中火で約10分煮込むよ。

⑤いったん火を止めて、ルウを割りいれて溶かしパプリカ赤・黄を加え、
 再び弱火でとろみがつくまで煮込むよ。
 ②のいかとホタテを加え、ひと煮立ちしたら完成!!

いかとホタテは煮込み過ぎると、固くなっちゃうので注意だよ^^;
 

  ぼくがご馳走になったときのホタテは肉厚で、とっても美味しかったよ(^^♪
 ちょっとオシャレなカレーができるよ。
  
 パプリカ

ビタミンC、E、A、カリウムなどが豊富で、ピーマンと比べても、ビタミンCは約2倍、カロテンは約7倍もあるんだって。
油を使うと、吸収率がUPするよ。

保存は、ビニールに入れて、冷蔵庫の野菜室で約1週間が目安だよ。
 パプリカ.jpg
  

 

 

こんにちは、旬太です。
 
仙台は急に暑くなり・・・ちょっと、ぐったり・・・
なんていう方も多いのではないですか?
体調管理には、十分に気をつけてくださいね。

ぼくは、今日も元気!!いっぱいです。

 
前回紹介した
「モロヘイヤとえだまめのキーマカレー」
作ってみましたか?!
ヤミツキになる味でしょう(^_-)-☆

きょうは、2つ目のカレーレシピをご紹介します


 
宮城野.jpg 
 
今日のレシピは
「夏野菜と宮城野豚のカレー」だよ。

不足しがちな野菜もたっぷり摂れるよ(^_-)-☆
 

 【 材料 5皿分 】

なす  中2本,トマト  中1玉,パプリカ赤 1/2個,パプリカ黄 1/2個,
たまねぎ 中1・1/2個,宮城野豚薄切り(切り落とし) 200g,
サラダ油  大さじ3,水  600ml,カレールウ 200g1/2箱
 
  ※キックオフパーティーでは「こくまろカレー」を使ったよ。
    野菜の水分が多ので、水の量を表示より100ml
    控えているんだって。 使用するカレールウに合せて調節してね! 

 【 作り方 】

①なすは輪切りに、トマトは小さめの一口大に、薄切り肉は4㎝幅の切るよ。
 たまねぎは薄切りにして、パプリカ赤・黄は2㎝角に切るよ。

②厚手の鍋にサラダ油大さじ1を
熱し、たまねぎと薄切り肉をよく炒めるよ。
  水を加え、沸騰したらあくを取り、弱火〜中火で約15分煮込むよ。

③フライパンにサラダ油大さじ2を熱し、なすを炒めるよ。

④鍋の火を
いったん止めて、ルウを割りいれ溶かすよ。
 トマト・パプリカ赤・黄を加え、再び弱火でとろみがつくまで約10分煮込んでね。
 最後に、炒めておいたなすを加え、ひと煮立ちさせて完成!!
 

 
夏野菜の「ズッキーニ」や「いんげん」を入れても美味しそうだね(*^_^*)
お好みで、好きな野菜でアレンジしてみてね。
 

なす

「なす」は、インドが原産地なんだって。
成分は90%以上が水分。
紫紺色の皮に含まれる成分は「ナスニン」というアントシアニン系色素で、ポリフェノールの一種なんだって。

「なす」の保存は、ラップに包み、冷蔵庫で3〜4日。冷やしすぎると縮んじゃうよ。

 

 

 

こんにちは、旬太です。

仙台は、今朝も曇空でちょっと寒い・・・(>_<)
暑いよぉ〜って言っていたのに、ここ数日ちょっと寒いんです。

体調管理には皆さん気をつけようね!!
まずは、食事と休養ですよね・・・
もちろん、ぼくはどちらも十分!!・・・です。
  

今日は、
「カレーアクションみやぎ2009」で紹介された
カレーのレシピを紹介します

最初は、ぼくの一番のお気に入り
「もろへいやとえだまめのキーマカレー」だよ。

食欲がちょっとないなぁ・・・という方にも、
オススメです。
 

 

 キーマカレー.jpg

【 材料 5皿分 】

もろへいや  1/2袋,えだまめ(むき身) 100g,トマト  中1玉
パプリカ赤  1/2個,パプリカ黄   1/2個,たまねぎ 中1・1/2個
宮城野豚ひき肉 200g,サラダ油  大さじ1,水  500ml
カレールウ 200g1/2箱 
  
  ※キックオフパーティーでは「こくまろカレー」を使ったよ。
    野菜の水分が多いことと煮込む時間が短いので、水の量を表示より200ml
    控えているんだって。 使用するカレールウに合せて調節してね!

 

【 作り方 】

①もろへいやは固い茎の部分をはずし、サッとゆでてあらみじん切りにし、
  しっかりと水気を切っておくよ。
  トマト、パプリカ赤・黄は1㎝角に切り、たまねぎはみじん切りにするよ。
  えだまめはゆでて、剥いておくよ。

②厚手の鍋にサラダ油を熱し、ひき肉とたまねぎをよく炒めるよ。
 水を加え、沸騰したらあくを取り、弱火〜中火で約5分煮込んでね。

③いったん火をとめて、ルウを割りいれ溶かすよ。
 トマト、パプリカ赤・黄を加えて、再び弱火でとろみがつくまで煮込むよ。
 もろへいやとえだまめを加えて、火と煮たちさせて、完成!!  

 
えだまめの食感がとってもいいんだよ。
もろへいやの量はお好みで調整してね。
ネバネバ野菜の「オクラ」を入れても美味しいよ。

ネバネバ野菜で元気いっぱい!!
  

もろへいや

 「もろへいや」は中近東原産の緑黄色野菜だよ。
 栄養素は、カロテン、ビタミンB群、C、E、カルシウム、鉄、ムチン。

 葉をさっとゆでて、包丁でたたくと、だんだんぬめりが出てくるよ。
 このまま、納豆に混ぜたり、しょう油をたらしてからご飯にのせて食べても美味しいよ。
 

 

プロフィール

写真
名前:旬太(しゅんた)
出身地:宮城県
年齢:5歳
誕生日:8月31日(やさいの日)
好きな食べ物:やさい・くだもの
趣味:砂遊び

2015年7月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

リンク

  • JA全農みやぎ
  • 仙台牛銘撰