インタビュー: 2008年12月アーカイブ

仙台せり 3

| | トラックバック(0)

  

こんにちは、旬太です。 
「仙台せり」を見学に行った時に、加藤組合長さんから
摘みたての「せり」をいただいたよ\(^o^)/
せり3-1.JPG

ぼく、奥さんおすすめの「てんぷら」作って!!って
お願いしたんだよ。
そうしたら・・・
根っこの土が上手にとれなくて(:_;)
作れなかったんだ。

根っこを食べてみたかったけど、
諦めたんだよ。

せり3-2.JPG
簡単にできる「おひたし」にして、
だし醤油をかけていただいたよ。
シャキシャキしていて、とっても美味しかったよ!!
 
せり3-3.JPG
「根っこ」はどうしたらきれいになるの?!

もう一度聞いてみたよ。
そうしたら、『はぶらし』を使うんだって。
『はぶらし』を使って洗うと、きれいになるんだって。
みんなも、試してみてね(^_-)-☆ 

 

仙台せり 2

| | トラックバック(0)

                

こんにちは、旬太です。 
 

前回は、生産者のせり田や作業場での選別作業を見学してきたけど、
今日はその後の出荷の様子を
下余田の「野菜選果場」に見学に見学して来たよ。 
 
ぼくが見学に行った日は、「年末せり」の出発式。
そう、年末に向けて『頑張ろう!!』という日だったんだよ。
年末の繁忙期に向けて、
出荷作業の注意事項も再度確認していたよ。
  
 お昼過ぎ、出荷する「せり」を持って、
生産組合の皆さんが集まってきたよ。 

 「せり」は等級ごとに分けて並べられるんだ。
 

 せり2-1.JPG

 並べられた「せり」は,検査係りの組合員さんたちによって、
重量を量っていくんだよ。

もちろん、品質もちゃんとチェックしていたよ。

 
 せり2-2-2.JPG  せり2-3-2.JPG  せり2-4-2.JPG

 計量が終わったら、
次には「氷」を箱の中の「せり」と「せり」の間に入れていたよ。

これはね、品質を新鮮に保って、
『消費者の皆さんに美味しく食べていただけるように』なんだって。
「氷」も直接「せり」に触らないように、
新聞紙に包んであったよ。

 
 せり2-5-2.JPG  せり2-6-2.JPG  せり2-7-2.JPG
 封をした箱は、出荷先ごとに区分けされ、
詰まれていくんだよ。
「せり」は宮城県内はもちろんのこと
関東や北海道の市場に出荷されていくんだって。

選果場に集まってから、出荷先後の区分まで、
生産組合の皆さんが一斉に作業するんだよ。
すばやく働いていて、あっという間だったんだよ。
ぼく、圧倒されちゃった
 せり2-8.JPG

この日出荷された「せり」は、翌日の朝には市場で競にかけられて、
その日のうちに店頭に並ぶんだって。
関東も北海道も同じなんだって。
早いよねぇ〜!!

 せり2-9.JPG
この日、出荷されたのは587ケース。
まだまだ少なくて、年末に向けてもっと増えていくんだって。
 せり2-10.JPG
ぜひ、お正月には「せり」を食べてみてね。
ぼくも、お雑煮に入れて食べよう!! 
  

 

仙台せり

| | トラックバック(0)
   

こんにちは、旬太です。

12月も後半。
あっという間に、クリスマス・・・お正月。

お正月の楽しみの一つは、美味しいお料理♡ 
今日は、お正月にぴったりの野菜「仙台せり」を栽培している
名取市下余田(しもよでん)の生産者さんのところに見学に行って来たよ。

 

まず、「仙台せり」の歴史について。

 上余田の肝煎・彦六さんが1776年(安永5年)に記した文献によると、
 名取市増田地区の「仙台せり」は、1620年(元和年間)から野生の‘せり’の栽培が始まっていたそうです。
 また、彦六さん自身が‘せり’の改良、栽培の普及を行ったそうです。

それから、ずっ〜っと栽培されて来たんだね。

 

今日、ぼくが見学に伺ったのは、
JA名取岩沼「下余田芹出荷組合」の
加藤組合長さんのせり田(でん)。

加藤組合長さんは「せり」を
約30アール栽培しているんだって。

下余田芹出荷組合は41人、
全体で約910アール栽培しているんだって。
想像できない面積だね・・・。

ぼくが、組合長さんのせり田に向かう途中でも、
あちらこちらで、「せり」の収穫作業をしているのが
見られたよ。
これから、お正月に向けて、出荷の最盛期なんだって。
 

せり写真1.jpg

今、収穫している「せり」は3月から4月に「苗せり」を植え、
伸びたランナーから苗を採り、9月から10月に植えつけたものなんだって。

 

せりの収穫は全部手作業。
蔵王おろしの風のあたるせり田で、水に入っての作業なんだ。
「せり」は、根っこごと引き抜いて、せり田のお水で根っこを洗い、
黄色くなった茎や葉をとるんだって。
 

  せり収1.JPG せり収2.jpg せり収3.jpg せり収4.jpg せり収5.jpg
 

せり田に引いているお水は『井戸水』。
井戸からパイプで引いているんだって。

とってもきれいなお水だったよ。
わかるかな!!

 せり写真2.jpg せり写真2-①.jpg

 

せり田に網が張ってあったんだよ。
これはね、鴨からせりを守るためなんだって。
鴨が根っこと茎の太いところを狙って食べちゃうんだって。
鴨も「せり」が美味しいって事を知っているんだね・・・^^;

せり写真4.jpg

 

収穫した「せり」は選別作業のためにご自宅の作業場に運ばれるよ。

選別の前に、もう一度『井戸水』で洗うんだよ。この作業も水の中だったよ。

『井戸水』が勢いよくシャワーのように流れだして、その水に「せり」を潜らせるんだよ。
そうすると、その勢いで土や切れた茎が飛ばされるんだよ。 

 せり洗1.jpg せり洗2.jpg せり洗3.jpg せり洗4-2.jpg


作業場では、組合長の奥さんとお母さんが選別作業をしていたよ。

きれいに洗った「せり」を、枯れ葉や軟弱な茎をとって、束ねていたよ。
束ねた「せり」は、30束ずつ箱詰めして出荷するんだ。 

(下の写真を見て。左は選別前。右は選別後の写真。細い軟弱な方は、選別して捨てられるんだよ)

せり選別前.jpg  せり選別後.jpg

ぼくが見ていたら、食べられそうな茎も取り除いていたんだ。

「もったいないなぁ・・・」って言ったらね
「軟弱な葉や茎は収穫してすぐだったら美味しく食べられるけれど、
市場に出荷して店頭に並ぶまでの間に、
黄色になってしまうんだよ。だから、出荷前に取り除くんだよ」
って、組合長さんが教えてくれたよ。
 

 
せり選1.jpg せり選2.jpg せり選3.jpg
 
これから29日までは、お休みなしで、
朝早くから夜11時頃まで選別作業をする日もあるんだって。
美味しい「せり」ができるまでには大変な作業があるんだね。
大変だなぁ・・・

組合長さんや奥さんたちのホットする時間は、
愛犬・ぷりんちゃんとの休憩時間。
この時間があるので、作業が進むんだって(*^_^*)
 

最後に「せり」のおすすめの食べ方教えてもらったよ。
組合長さんは、おひたし、味噌汁、掻き揚げ、
根っこのきんぴら・・・。

奥さんは、せりと大根サラダ、てんぷら、ラーメンの具
なんだって。

奥さんの最近のお気に入りはてんぷら。
根っこから5cmくらいのところから切って、
根っこがついたままてんぷらにするんだって。
「固めのコロモがポイントよ」って。 

「せり」ってまるごと全部食べられるんだね。
みんなも是非試してみてね!!   


 

 せり写真5.jpg せり写真5-1.jpg

 
せり写真3JPG.jpg

宮城県内では、JA名取岩沼・上余田地区、JAいしのまき・河北地区でも栽培されていて、
全国的にも有数の産地となっているんだよ。

宮城県の「せり」の生産量は全国トップクラスなんだよ。
 

名取市内の飲食店では、「せりとんかつ」等の地元産の「せり」を使ったメニューを提供してるんだって。
光のページェントでも「せりたっぷりの芋煮」を提供しているブースがあるんだって。
お店を見つけたら、是非、食べてみてね!!

 

 こんにちは、旬太です。

みんな「もういっこ」の時のクイズ考えてくれてかな?!

答えだよ。
宮城県内で一番多く作られているのは、
 C.とちおとめ
次いで、
 B.もういっこ
 A.さちのか
 D.紅ほっぺ  の順番だよ。

みんな、この4つの品種、食べたことある?
ぼくは、もちろん全部食べたよ(^^♪
それぞれ特徴があって、どれが一番好きかな・・・って、
ぼくは決められないなぁ〜。

この他にも作られている品種があるんだよ。
みんな、ぜひ、いろいろ食べて、
自分の「お気に入り」を探してみてね。

「いちご」はまた機会をつくって紹介するね。
楽しみに待っていてね(^_-)-☆

 

 

プロフィール

写真
名前:旬太(しゅんた)
出身地:宮城県
年齢:5歳
誕生日:8月31日(やさいの日)
好きな食べ物:やさい・くだもの
趣味:砂遊び

2015年7月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

リンク

  • JA全農みやぎ
  • 仙台牛銘撰