日記: 2010年9月アーカイブ

食育講座

| | トラックバック(0)

 

こんにちは、旬太です。
秋分の日が過ぎて、食欲の秋到来だね。 
 

食べるという字は人に良いと書くよね。毎日何気なく口にしている食べ物が元気の源なんだね。

秋は実りの季節だから、一番旬を感じるよね。

旬太は今月から「おいしさ体験食育講座」に参加しているんだよ。

宮城県産の野菜や果物の産地や栄養のお勉強をしたり、旬の時期に水揚げされた魚の加工食品と熟練した職人たちが造りあげた、味噌・醤油を使用し、実際に参加者全員で料理をするんだよ。
食育キャベツ3.jpg

 食育キャベツ2.jpg
 食育キャベツ.jpg

 1回目は宮城県蔵王産の「キャベツ」をホイル焼きにしたんだ。
シャキシャキの食感も残って、キャベツの甘さを封じ込めた料理だったよ。

食育さといも.jpg


2回目は宮城県蔵王産の「さといも」を雑穀と一緒に炊いたご飯。さといも特有のぬめりとほくほくした食感が美味しかったよ。
それから、ゆでた「さといも」を田楽味噌で食べたよ。甘くてしょっぱい味噌が良く絡んで美味しさ倍増した一品でした。

旬太は野菜が大好きだから次回のお勉強が今から楽しみ!! 

 

食育さといも1.jpg
 食育さといも2.jpg

 

 

こんにちは、旬太です。 
今年の「仲秋の名月」は、9月22日(旧暦8月15日)なんだって。
休み(秋分の日)の前日だから、夜更かししちゃおうかなぁ。
「仲秋の名月」は、まん丸で大きくて、一年で一番清らかで美しいお月さまと言われるんだ。
 
月見には、ススキや団子を飾るけど、もともとは団子でなく里芋を使っていたんだ。
だから、「仲秋の名月」は別名「芋名月」と言われ、里芋の収穫を祝い祭る意味もあったんだって。里芋に感謝しなくっちゃ。
飾る個数は5個か15個で、関西では里芋を形どった団子を捧げるところもあるんだ。
 
お月さまを見上げていると、なんとなく芋煮会のこととお母さんのことを思い出しちゃうね。だってお母さんの顔は、旬太と同じくまん丸なんだもの…。
お月見.jpg  

 

プロフィール

写真
名前:旬太(しゅんた)
出身地:宮城県
年齢:5歳
誕生日:8月31日(やさいの日)
好きな食べ物:やさい・くだもの
趣味:砂遊び

2015年7月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のブログ記事

リンク

  • JA全農みやぎ
  • 仙台牛銘撰