ちぢみゆきなと豆のミネストローネ☆

| | トラックバック(0)

こんにちは、旬太だよ♪

 

グッと寒さが増して冬が来た!て感じだね。

みやぎの秋冬野菜の「ちぢみゆきな」の旬は11月~3月だけど、

甘みが増しておいしくなるのは、霜が降りる寒い冬なんだ。

これからどんどんおいしくなる「ちぢみゆきな」で、寒い季節にピッタリの

具沢山のスープを紹介するよ♪

「ちぢみゆきな」は葉が肉厚なので、煮込み料理にもOK(^_-)-

少しアクがあるので、サッと下茹でしてから使ってね!

水に取らず、ざるに広げて冷ましましょう。

スパゲティを短く折って加えると、ボリュームもアップするよー♪

ミネストローネ-TOP.jpg

 

ミネストローネ-材料.jpg
【材料 2人分】                  

ちぢみゆきな   100g               

ベーコン     3枚(1cm幅)         

にんにく     1かけ(みじん切り)   

玉ねぎ      1/2個(1cm角)

にんじん     1/4本(7~8mm角)

かぼちゃ     200g2cm各)

金時豆0g(一晩戻して湯がいておく) ミネストローネ-材料カット.jpg

トマト      1個(ザク切り)

スパゲティ    40g

オリーブオイル  大さじ3

塩、こしょう   各適宜 

 

 

 

【作り方】

① ちぢみゆきなはよく洗って根元に切り込みを入れ、塩少々(分量外)を加えた熱湯で

  1分ほど湯がく。冷めてからしっかり絞り2cm長さに切る。

 ② フライパンにオリーブオイル大さじ1を熱し、ちぢみゆきなを加えて

さっと炒めておく。

ミネストローネ-ゆきな炒め.jpg 


③ 厚手の鍋に残りのオリーブオイルを加えて中火で熱し、にんにくとベーコン、

玉ねぎを炒める。香りが出てきたら、にんじん、かぼちゃを加えて23分炒める。
ミネストローネ-野菜炒め.jpg  ミネストローネ-南瓜炒め.jpg 

④ 野菜全体に油がなじんだら金時豆、トマトと水3カップを加えて強火で煮る。

  煮立ったらアクを取り、弱火にして10分ほど煮る。

 ミネストローネ-煮込み.jpg


⑤ 野菜全体が柔らかく煮えたら、スパゲティを折って加えて5分ほど煮る。

  最後にちぢみゆきなを加え、塩、こしょうで味を整えて火を止める。

  器に盛り、好みでオリーブオイルをかける。

 ミネストローネ-パスタイン.jpg ミネストローネ-ゆきなインjpg.jpg

 

ミネストローネ-カップ.jpg
『ちぢみゆきなと豆のミネストローネ』をたくさん作って、小分けに冷凍保存しておけば

寒い冬の朝でも、簡単に美味しく栄養バランスばっちりの朝ごはんになるよ(^o^)

是非、試してみてね(^_-)-

 

 

トラックバック(0)

このブログ記事に対するトラックバックURL:
http://www.shunta-miyagi.com/cms/mt-tb.cgi/875

プロフィール

写真
名前:旬太(しゅんた)
出身地:宮城県
年齢:5歳
誕生日:8月31日(やさいの日)
好きな食べ物:やさい・くだもの
趣味:砂遊び

2020年12月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

月別 アーカイブ

リンク

  • JA全農みやぎ
  • 仙台牛銘撰