みやぎ食料自給率向上県民運動記念大会

| | トラックバック(0)

 

こんにちは、旬太です。
 
 

ぼく、昨日行ってきましたよ。

「みやぎ食料自給率向上県民運動記念大会」に大勢の方が参加していました。

村井宮城県知事も参加し、
「宮城県の食料自給率は東北では、最下位。
食料自給率向上に向け、積極的に運動を推進する」と
ご挨拶をされていました。

風景1.jpg 

「 みやぎ食料自給率向上県民運動キャッチフレーズ」入賞作品も
発表されたよ。
県知事賞の一般部門は、仙台市 竹嶋さんの応募作品
 『食卓に みやぎの恵みで もう一品』
小学生部門は、気仙沼市 村上さんの応募作品
 『宮城産 いっぱい食べて 元気っ子』

県民運動のポスターなどで活用していくんだって。
みなさんも、これからどこかで目にするかもね。
 

記念講演では、元東北大学大学院法学研究科・教授の海野氏が、生徒さんたちと開催した「日本 SHOCK!フェア」についてお話してくださいました。

日本人の食料を全て国産でまかなうとすると・・・
3食が「おいも」になってしまう、というお話も。

お米では、国民全員分の食料をまかなえなくなるので、
収量のある「ジャガイモ」や「さつまいも」になるそうです。

お味噌やおしょうゆも、原料Hが輸入の大豆。
だから、大豆の輸入がストップしたとしたら・・・
食べられなくなるんだって(T_T)

ぼく、ずっ・・・っと、いろんな野菜や果物を、お米やお肉も
もっとたくさん食べたいよぉ〜(>_<) 
 
 講演.jpg

食料自給率向上に向けた取組事例報告では、
作り人として、
NPO法人鳴子の米プロジェクト 上野理事長さん。
使い人として、株式会社今庄青果 庄司専務さん。
そして、繋ぎ人として 明成高校調理科の生徒さんが
お話をしてくださいました。

明成高校の生徒さんは、
「お豆の気持ち」という紙芝居を作ったことから、
実際に大豆の栽培、お味噌造り、
そして、この活動を通しての地域との交流など、
活動についてお話してくれたんだよ。

 

 発表7.jpg
ぼく、つながり」、そして・・・
「SMILE」という言葉が、
とっても印象的だったんだよ。
 
発表10.jpg

宮城県の食料自給率向上のために、ぼくは何ができるんだろう?

皆さん、お仕事や活動を通して、「食」について
いろろいろなことを考えていらっしゃいました。

ぼくも参考にしながら、「できること」を考えてみよ〜

 

会場では、パネルの展示や、JA仙台さんによる産直野菜・果物の即売会もありましたよ。
 
風景2.jpg

風景3.jpg

直売風景.jpg

 発表8.jpg ムスビマル.jpg むすびまるくんも、
遊びに来ていましたよ!!

 

トラックバック(0)

このブログ記事に対するトラックバックURL:
http://www.shunta-miyagi.com/cms/mt-tb.cgi/142

プロフィール

写真
名前:旬太(しゅんた)
出身地:宮城県
年齢:5歳
誕生日:8月31日(やさいの日)
好きな食べ物:やさい・くだもの
趣味:砂遊び

2016年2月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29          

リンク

  • JA全農みやぎ
  • 仙台牛銘撰