この葉っぱ・・・なんだろうね

| | トラックバック(0)

 

 こんにちは、旬太です。

みんな、この葉っぱ見たことある?!
なーんだ?

 

これはね「ちぢみほうれん草」っていうんだよ。
みんなが知っている「ほうれん草」とちょっと違うでしょう?
12月から2月の寒い季節に出回るほうれん草だよ。
寒さで『ぎゅっ』て縮こまっちゃったんだ。 

「ちぢみほうれん草」の特徴はね、見たとおり「葉っぱ」だよ。
普通のほうれん草よりも丸みをおびて厚みがあるんだ。
そして、葉脈に沿ってチリチリと縮れているんだよ。
この縮れが「ちぢみ」とか「寒じめ」って呼ばれる由縁なんだって。

寒くなってくると、土の温度が下がり、根っこの温度も低くなり、
水も肥料も吸わなくなって、葉っぱがぎゅって縮まるんだよ。
この状態で越冬したほうれん草は、
余分な水分を吸っていないので
甘さが凝縮するんだって。
特に茎の部分は果実に負けない甘みを蓄えるんだよ。 

ちぢみ1.jpg
  

宮城県標準出荷規格は糖度8以上
寒さに遭遇すると糖度が13以上になることもあるんだって。
糖度が高くなると、芯が黄色っぽくなるんだ。
甘くなった証拠なんだって。

じっくり時間をかけて育てるので「エグミ」のもとである
「シュウ酸値」が少ないのも「ちぢみほうれん草」の
特徴なんだって。

ちぢみ2.jpg
  

ぼくが見学に行った畑には、 
白い不織布(ふしょくふ)のような資材を
かけていたところもあったよ。

ちぢみほうれん草を汚れや雪から守るためなんだって。
葉っぱが痛まないように、いろいろ大変なんだね。

 ちぢみ.JPG
  

 ちぢみほうれん草は寒さが大好き♡
でも、収穫作業をする農家の皆さんは、
とっても大変なんだよ(>_<)

風の吹き抜ける寒い畑での収穫作業、とっても寒そうだったな。

ぼく、「大切に食べなきゃ!!」って思ったよ。

 ちぢみ3.jpg
  

 ちぢみほうれん草はしわくちゃ。
「洗うのが大変!」というお客様の声もあるんだって。
でも、そのしわくちゃが美味しいミナモト
皆さんも、これからますます美味しくなる「ちぢみほうれん草」を
是非食べてみてね!!

寒さで濃縮。 
宮城の美味しいしわくちゃ、ちぢみほうれん草。
覚えてね\(^o^)/

 

 

トラックバック(0)

このブログ記事に対するトラックバックURL:
http://shunta-miyagi.sakura.ne.jp/cms/mt-tb.cgi/63

プロフィール

写真
名前:旬太(しゅんた)
出身地:宮城県
年齢:5歳
誕生日:8月31日(やさいの日)
好きな食べ物:やさい・くだもの
趣味:砂遊び

2015年7月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

リンク

  • JA全農みやぎ
  • 仙台牛銘撰